×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005年 10月


下に行くほど最新の日記になります。

■2005/10/10 思いついたことをとりあえず載せてみよう! のコーナー





■検定試験の前で忙しいからって更新しないのもなんなので企画■



思いついたことをとりあえず載せてみよう! のコーナー


〜苦情等は一切受け付けません〜 (←重要)







第1話 「ニャンとワンだふる






あるところに猫太くんと犬五郎くんと熊八くんという仲良し3人組がいました。

今日は待ちに待った修学旅行の日。 旅館に着いてのんびりしたところで露天風呂に行くことにしました。

露天風呂といえば男湯と女湯。 修学旅行といえば青春の1ページ。

ここで覗きをしなくて何が日本男児だ! と覗く準備は完璧。 プランもA・B・Cと3パターンを用意。

部屋でひたすらリハーサルをこなす猫太と犬五郎。 もはや勝利は確実。

さっそく一番成功確率が高いプランBを使い、絶好の覗きポイントへと足を運んだ猫太と犬五郎。

熊八は「ちょっと遅れてから行くから」とそそくさと部屋に戻りましたが今の彼らにはどうでもいいこと。

今は親友よりも目の前の花園。 長い結束よりもはかない夢。

さっそく事前に調べておいた穴から未知の領域へと・・・ 教師「何をしている?」



 「「せ、先生!?」」



なんとまさかの先生乱入。 教師の巡回コースさえも看破したこの作戦がまさかの失敗!?

猫太と犬五郎はこの後に控える恐怖の説教コースを思い描きながらどこに欠点があったのかを検索しますが

どんなに考えても失敗する箇所が思い浮かばない。 なぜ、何故なの先生!?






 「熊八が密告してきたぞ







猫太 「ニャンと!


犬五郎 「ワンだふる!









さ、勉強しよう。








■2005/10/11 恋愛バトン


■お知らせ■

本日の『思いついたことをとりあえず載せてみよう! のコーナー 第2話 「グロテスク」』は

番組の都合上、延期させていただきます。










はい、どうもこんばんは。

web拍手で「病んでますね」と言われたアンドヴァリですフォー! (病んでます)

本日もバイト、大学とこなして夜の9時過ぎに帰宅して「検定試験の勉強もしないとなー」といいながら巡回していたら

イド・システムのイドさんから恋愛バトンが渡されてきたので答えていきたいと思います。

ちなみに今回のコンセプトは「恋愛って何かね?」。






■あなたのお名前と性別を教えてください。


アンドヴァリといいます。

性別は男ですが心は限りなくピュアなオトメを意識していまして、

そもそもオトメという概念が定着しはじめたのはあれはそう・・・大体、5年前ぐらいになるでしょうか。

学校までの道のりを自転車で走っていたらいきなり目の前に長いからやめます




■現在、恋人又は好きな人がいますか?


最近さぁ、3人組の姉妹とちょくちょく遊んでるんだけど金使いが荒いんだよね。

この前なんて1時間経たずに1万も出費させやがったんだよ。 ったく、どういう感覚してるのかね。

でも機嫌がいいと逆におごってくれたりするからやめられないんだよね。 これって恋かな?


答え (注:音が出ます)




■今まで一目惚れした事ありますか。


え、一目惚れ以外ってあるんですか!?




■恋人に求める条件3つを挙げて下さい。


背が低いほうがいいね。 愛でれるから

メイドなんかいいね。 奉仕されるから

お兄ちゃんとか言われたいね。 愛せるから




■今まで付き合った人、好きなタイプと一致しましたか?


恋愛? ハッ、俺は一匹狼よ! (わおわおーん)




■自分から告白しますか?それとも待ちますか?


基本的にMなんで待ちます。 (バッチこーい!)




■結婚願望はありますか?


結婚したいけどねぇ・・・ほら、法的にちょっと・・・




■失恋したらどう対処しますか?


新しい恋(エロゲー)を探すね。




■今現在の自分の恋愛を表す曲は?


部屋にこもってる描写のラブソングってありますか?




■お疲れ様でした。次に回す人を5名指名して下さい。


 「それじゃ、そろそろお友達の方を・・・」


 「だが断る」


 「なにィッ!?」


 「このアンドヴァリの好きなことは、わざわざ回してもらったバトンを誰にも渡さずに・・・・・・」 (腐ってます








■2005/10/18 ゼミ旅行


どうも、こんばんは。

カフェなんて生まれて始めてなんでとりあえずカプチーノにしたものです。 (おのぼりさん)


えー先日、大学のゼミで旅行に行くことになりまして熱海に行ってきました。

熱海ですよ、熱海! 海が近くて温泉もあって家からだと大学に行くぐらいの時間で着く熱海!

いやいやいや、思いっきり地元じゃんと思っていてもゼミの旅行担当は勝手に話を進めているわけですよ。

個人的にはまだ東京観光とか秋葉原のメイド喫茶を制覇しよう! とか言われた方がいいんですけど

(むしろ後者を希望・・・否、キボンヌ

お構い無しにさっさと話を進める旅行担当者。 おいおい、もうちょっと話し合いすべきじゃないの!?




 「あら、話し合ってますよ?」


 「シードフレンズでね!





といったことがあったりなかったりしながら当日に東京駅で待ち合わせをして

電車に揺られながら「ワオ! 西湘バイパス! 超地元!」とレゲエチックに言いながら熱海に到着。

駅から5分もかからないところの宿に着いてすぐに自由行動となったのでとりあえず海を見に行くことに。

海だー! 水着だー! 海水浴だー!










 (昼間に撮ったけど灯台が光ってるぐらい暗い)


海 荒れまくり


それもそのはず、当日は思いっきり雨が降っていたので海水浴どころか人っ子一人見かけず、

いるのはみすぼらしい男×3のみ。

俺が巡回している警官だったら走りよって「早まるな」と言いかねない状況です。

しょうがないのでとりあえず海辺にある『すかいらーく』をPiaキャロ4号店と名づけて宿に帰還。



制服はぱろぱろタイプかなぁとか考えながら大富豪をしていたら夕飯の時間になり、

宴会場にみんなで集まってご飯を食べることに。

夕飯を食べてる間に終始、隣から高音が出ないカラオケとやる気のないコンパニオンの合いの手が聞こえており

そこら辺の芸人を呼ぶよりも面白いこの状況。

自然とこちらの会話が弾むのもうなずけますね。 (教授にビール注がせてました)



その後、温泉で潜水したり泳いだりしたのちに一つの部屋に集まっての飲み会。 (黙って入れ)

ゼミの内容的に商標登録とかそういう関係の話になり、

のんびりチューハイ飲んでたらいきなり「”萌え”って登録できますかね?」という発言が!



も、萌え!?


まさか熱海に来て萌えなんて単語を聞くとは思わなかったんですけど

そこから 「オタクって考えが分からない」 だの 「メイド喫茶って何なんですかね?」 とか言われたりと

ヘタに口を出すと色んなことばバレかねない空気が!

メイド喫茶って何ですかね? ってお前、パラダイスだよ! とか自信満々に言いたい、答えたい。

コミケ? ああ、日が昇るぐらいから並んでたよ。 とか言いたい! ちきしょう、ムキョー! (必死に耐えながら)

俺が本気を出せばここにいる全員が人間不信に陥るぐらいの技量があるのに! とか思いながらカキピー食べてると

そのうち話の内容が変わって不完全燃焼のまま終了。

その後、1時ぐらいに教授が部屋に帰ったのでそのまま便乗して一足早く部屋に戻って就寝。 おやすみなさい。







6時に同じ部屋のヤツのいびきで起床





え、何コレ? オシリスの天空龍? というぐらいのいびきが早朝の爽やかな空気を蹂躙しておりまして

前日に地震が起こっても平然としていた俺もビックリですわ。

グゴゴゴゴゴってお前、ジョジョの効果音じゃあるまいし。



二度寝も出来ないのであいつ絶対に生贄が3体必要なタイプだぜと言いながら

朝一番に温泉へと直行し、目の前に駐輪場が広がる温泉を満喫。 (眺め最悪)

一風呂浴びてのんびりした後の8時ごろに宴会場で朝食を食べることに。

しかし昨日の飲み会のせいか誰も一言も喋らずに朝ごはんをつつきあうという

ここは監獄ですか? といわんばかりの状況を満喫。 もう帰りたい。



朝ごはんを食べて1時間後ぐらいにチェックアウトして駅前で電車がくるまで時間を潰して電車に乗って、

一人だけ小田原で途中下車し、他のゼミのみんなが東京駅に着く前に家に着いてました


そんなわけで思い出らしい思い出もないまま、ただ飲み続けたことしか記憶にない旅行でした。

なんていうか最後に帰りたいとか思ってた時点で旅行としては最悪の部類だと思うんですけど

ご飯はおいしかったのでそれだけが救いでした。 らっきょの漬物はキツかったけど。 (らっきょキライ)

あーあ・・・ジャンプでも読みに近くの本屋にでも行くかー・・・。












イドさんと遭遇。 なんで? オチ担当?


(詳しい状況はイドさんの日記を見るといいと思います)








■2005/10/27 スロット、スロット!


好みの感じの女子高生が電車に乗ってきたので、

じっくり観察していたらローファーのかかとを吐き潰して履いていたのでやる気半減


アンドヴァリです。

えー、本日はサミーが主催するイベントに横浜アリーナまで行ってきました。

サミーといえばアーケードでは格闘ゲーム『ギルティギア』を生み出し、

パチスロでも『北斗の拳』を出すなど結構有名なメーカーなので知ってる人も多いでしょう。

そんな企業のイベントに何故アンドヴァリがいるのか、大学行けよとか思ってる人もいると思いますが

先日、リクナビの就職エントリーが始まったのでちょこちょことエントリーをしていたら

「27日に横浜アリーナで会社説明会をするので参加しませんか?」 と募集をかけていたので

時期が時期だけにギリギリかなぁとダメもとで応募したら見事当選! というわけで参加しに行ったわけです。


そんなこんなでイベント当日。

向かう途中で大学の友人に講義のレポートを 「これには俺の全てが詰まっている」 と渡し、

教授に出してもらうようお願いをして一路、新横浜駅へ。

横浜アリーナに向かう途中の駅前で 「ごりらのツボ集合場所」 とか書いてある紙を持って立っている兄ちゃんがいたので

「これはネタになる」 と意気込んで携帯のメモ帳にちまちま書きながら歩いてたら、

交差点の歩道のところにある車が入らないようにするような出っ張りに股間をぶち当てそうになりました

もうあと1cm足が短かったら俺の股間に直撃俺 悶絶な状況になるところだったわけですが

やっぱり久しぶりのネタだからってはしゃぎすぎたなと反省してしっかりと前をみて歩いてアリーナ到着。


そしたらなんかデカデカと 「サミー30周年」 とか書かれていて、

ラジオの収録みたいなこともしているわけですよ。 笑い声が絶えないんですね。 うるさいな、FM横浜。 (決め付け)

こちとら就職活動で緊張の面持ちで来てるってのに。 まったく失礼しちゃう。

ほら、みんなも不機嫌になってるよと周りを見てみるとほとんどの人がビシッ! とスーツを着装

うん、凛々しいね。 こう、就活って雰囲気がバンバン出てるね。

で、そんなスーツ群の中に紛れ込んでいるのがパーカー&ジーンズ

もうね、明らかに場違い。 甲子園にサッカーボール持って入るぐらい場違い。

「いくら私服でいいって言われても就活なんだからスーツが基本じゃね?」 っていう空気が漂うわけですよ。

みんながビシッとジェントルマンの中に明らかにフリーターみたいなヤツがいるわけですよ。

そんな黒王に踏まれても文句は言えない状況の中、時間が来て会場内へ。 (あべしっ)

ネット応募して返ってきたメールをコピーした紙をコスプレしているお姉ちゃんに渡して資料を貰い、中へ。

この時点で俺の興味は会社の概要よりもコスプレの姉ちゃんに移ってるわけですが、

とりあえず話しだけは聞かなくてはとメモ用紙も用意していざ、説明へ。 さぁ、ドンと来い!











サミーの野球部の監督の話が延々30分以上続く





そう、何事もチャレンジ精神を持ってだnってそんな話はいいんですよ

チャレンジ精神とかそういうのはもう大学のセミナーで耳にタコが出来るほど聞いてるんですよ。

俺なんて最前列の真ん中なのに垂直に背を伸ばしながら寝てましたからね

そんな1時間予定の会社説明会の半分が野球部監督によって消化されてようやく会社の概要へ。

さっ、とメモ帳を取り出し準備万端。周りのみんなもやっと来たかとばかりに人事部の人の話に耳を傾けます。

「まずわが社はぱちんこ、パチスロ業界に力を入れ・・・」



・・・10分後



「それではここで専門学校の宣伝へ・・・」



え、専門学校?



・・・10分後



「さ、それではこの業界セミナーも終わりに近づいてきました」





終わってしまった



なんか意気揚々とメモ片手に話を聞いていたのに、

俺のメモ帳には1行しか文字が記入されていないんですけど

ここでセミナー終了。 電車代返せ

はぁ・・・まったく持って無駄足だったな・・・。


「それじゃあ、ここで下で行われているイベントについて説明したいと思います」


イベントねぇ・・・どうせ大したことないだろうし・・・。


「ここでは今、パチスロ機の新作が試打出来るようになっております。

 この中にはパチスロ好きな方もいるでしょうからぜひともやってみてください



うれしいこと言ってくれるじゃないの


パチスロがタダで打てる。 これほど嬉しいことはない。

というわけでサミー社員の 「こちらで個別に質問できるブースを作ります」 という言葉を無視して

一直線に下にあるプレイゾーンへ。

とりあえずパンフレットを見ながら並んで待つことに。

1人20分までなのでのんびりと待っていたのですが、

どうやらボーナス中はアラビア風の衣装を着た萌えキャラみたいなのがケツを振るようです。 (トリビア)

これは維持でもボーナスを引かなくては、と俺の意気込みを燃え上がります。

そんなわけでじーっと前の人のプレイを眺めながら子役演出とかを知ろうとしていたのですが

前のおっさんが一向にボーナスを引き当てる気配がない。 どう考えてもハマっている。

もしかしてイベントの試打なのに設定1じゃないのかみたいな空気が迫っているわけですよ。

え、これ俺も打つの? この一向に当たる気配がないの打つの?

とりあえずボーナスぐらいは引かせてあげたいと思いつつ、前に人を心の中で応援していたのですが

結局ボーナスを引かないうちにスタッフの人に 「そろそろ時間なんで・・・」 と申し訳なさそうに言われおっさん撤退。

そしてその後に打ち始める俺、アンドヴァリ。

きっとあのおっさんは引きが弱かったんだ。 俺なら行ける! と自分に言い聞かせてレバーをがちゃんコン。

いい引きが来い! ここで一気にボーナスだ!


1回てーん


2回てーん


3回てーん


4回てー スタッフ:「すいません、試打の感想を聞かせてもらえませんか?」 (ハンディビデオ片手に)





はぁーん?(゚Д゚)



試打の感想て、チミ。 まだ4回転しかさせてないよ。

ボーナスはおろか演出さえも起こってないのよ。 リプすらも揃ってないのよ。

そんなもんドラクエ始めて薬草買ってたら 「面白い?」 って聞かれるようなもんですよ。 スライムも出てないわけですよ

面白いのはお前の頭だよと心の中で思いつつ、

「すいません、まだ打ったばかりなんで」 と紳士的に断っておきました。

多分、液晶に出てくるヒロインみたいなのが萌えキャラだからオタクの感想が欲しくて

「おい、あそこでオタっぽいのが打ってるよ」 とハンディビデオ片手に聞いていたのでしょう。

まったく失礼しちゃう。 俺の隣で打ってるデブに聞いてくれよ。



なお、当初に心配していたボーナス引けないんじゃないかという考えは見事に外れてくれて、

BIG2回、REG1回というまずまずの成績で幕を閉じました。 ウフフ・・・いいケツしてるじゃないの・・



というわけで会社説明会に行ったはずなのにパチスロして終わったわけですが、

とりあえず会社の概要が書いてあるパンフレットはもらったので万事オーケーでしたー。



プルルルル


おっと、レポートを頼んだ友人からメールだ。 何々・・・。



「レポートもっと長く書けって教授につき返された。 ファイト」





なんだよ、教授。 ケツ振ればいいのか? (違います)








■2005/10/31 寒空5


先日、大学が休みということで朝のバイトを終わってから昼寝をしていたのですが、

そんな至福の時間を脅かすように鳴り出す携帯電話。

おいおい、どこのどいつだ? こんな幸せな時間を満喫している俺に電話をかけるなんて。

つまんない用事だったら携帯を窓から投げ捨てようと思いつつ、通話ボタンをぽちっ。


 「はい、もしもし」


 「あ、アンドヴァリか?」


 「そうだよ、どうした?」


 「すまん・・・
今すぐ来てくれないか?


どうしたのでしょう。 私の知人らしからぬ神妙な雰囲気を感じます。

これはいつものようなおふざけの雰囲気ではありません。 まるでこれから戦場へ赴く兵士のような緊張感を感じます。

こいつは一大事だ、と 「すぐに行く、ちょっと待て」 と電話を切って速攻で着替えて友人宅へ。

時間をすでに午後5時を回り、辺りも薄暗くなってきています。

一体何が? 友人の身に一大事でも起こったのかと神妙な顔で向かいました。

そしてそこで車をいじりながらたたずんでいる友人を発見。 どうした!? 何があった!?



 「いやー、車のメンテしてたら暗くなって寂しくなっちゃって」






いやー、ビックリしたね。 いい年こいた成人男性が 「寂しくなっちゃった」 とか言ってるわけですよ。

そんな理由で俺の至福の昼寝を邪魔したわけですね。

俺も思わずボンネットへこましてやろうかとか考えたりしましたが、 (ジャンピーング!)

PSPでZONEの解散ライブを見せてくれるというので居座ることに。

えーっと・・・これがスイッチで・・・。



5分後



ビュオオォォォォ




寒!!


もう11月になろうとしているのに日が落ちてから外で作業なんてしてるから寒いの何の。

何でこんな日に外で俺はPSPなんて見てるんだろう。

さっさと家に帰って布団に入りながらのんびりチャンピオンでも見ていた方がいいんじゃないか、とか思いまして

「そろそろ帰っていいかな?」 と聞いてみたら 「お前に手伝ってもらいたいことがある」 とのことでもうちょっと待機。

しかし日はすでに落ちて、寒々しい風が流れています。 まだか、俺の出番はまだか!?



アンドヴァリ: 「ねえ、まだ終わんないの?」


友人: 「ああ、とりあえず宅急便で
8時過ぎにパーツが来るからそれまで待って






いやいやいや、8時過ぎって2時間以上先なんですけど!?

え、それまでこのまま待機? この極寒の夜中に?

そもそも宅急便て何かね? まだパーツがないと? だったら近くのイエローハットで買ってこいよ

しかしそんな僕の願いは届かないままとりあえず夕飯を食べるためにすき屋へ。

ああ、やっと屋内だ・・・温かいよ、と至福のときを味わっていると店員さんがよく冷えた水をコトン

あまりの冷たさに店員に水ぶっかけてやろうかと思いましたけど

店員さんも悪気はないだろうということで鳥そぼろ丼を頼んで食事で体を温めてました。


その後、暇つぶしによったコンビニで友人が小倉優子が載っているという理由で買ったフライデーを読みつつ、

タイヤ周りのピットイン作業をライトを当てながら観察すること2時間。


友人: 「アンドヴァリ、出番だ」






遅ぇよ


出番てお前、俺が来てからすでに5時間ぐらい経過してるんですけど。

5時間あればサイト更新して検定の勉強して企業からメール着てないかな、とかチェックできるんですけど。

返せよ、俺の青春を返せよ。 (関係ない)


とりあえず俺の任務はブレーキを踏んでエアー抜きをするという作業の手伝い。

一人、運転席に座りフライデーのメイドver.小倉優子を見ながらすでに準備万端。

個人的には小倉優子よりも後ろに乗っている抱かれたくないガンダムキャラ1位マ・クベが気になりますが

暇つぶしにハンドルを指で弾いて 「いい音色だろう?」 とかやってたら友人からブレーキを踏んでくれとの合図が。

よしっ、見せてやる。 俺のブレーキング技術を! おりゃー!!


ガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュ

(↑ブレーキを連打する音)




しかし友人の顔は険しくなるばかり。 おやおやどうしたんだい?


 「ブレーキオイルが減っていかないんだよ」


ああ、それはね、きっと天罰だよ

俺をこの寒空の中、呼び出して5時間後にブレーキなんて踏ませるからいけないんだよ。

俺はちゃんとブレーキを言われたとおりに踏んでるからね。 ほら見てご覧、俺のブレーキング技術を。

ガシュガシュ踏んでるからね。 これでもかっ! ってぐらい踏んでるからね。 ガシュガシュ!

まさに金色のガッシュベル! (ザグルゼム!)

まあそれはどうでもいいんですけど、俺の足元を見ていた友人の顔がさらに険しくなるじゃないですか。

おやおや、どうしたんだい? フライデーは足元においてないわよ?



友人: 「・・・なぁ、アンドヴァリ。 それ、クラッチなんだけど・・・






( ゚д゚) へ?





翌日、風邪引きました。




過去ログに戻る

TOPに戻る